ボストンテリアってどんな犬?【 ボストンテリア・ブリーダーズ 】

現在の登録犬数27頭|登録ブリーダー数34


  1. ボストンテリア・ブリーダーズ
  2. >
  3. 子犬の検索
  4. >
  5. ボストンテリアってどんな犬?

ボストンテリアってどんな犬?

ボストンテリアの魅力

ボストンテリアの子犬ピンと立った耳、少し離れた目、そしてなんとも言えない、
ペチャっとした鼻が特徴のボストンテリア。

のらくろ』のモデルとしても有名ですが、
最近では、大人気ブランドのモチーフ犬としても、大活躍しています。

子犬の頃は、丸くてコロコロとしている子がほとんどですが、
大人になると、足がほっそりと長くなり、体も引き締まります。

まるでタキシードを着ているかのような、
黒と白のきれいな毛色で、歩いている姿はとても紳士的。

でも、性格は愛嬌たっぷりで、人が大好き。
テリアの中でも小型な方で、室内でも飼育可能です。

このギャップが、ボストンテリアの魅力の一つでもあります。


ボストンテリアの歴史

ボストンテリアの歴史は、他の犬種に比べて、明確にされています。

現在のボストンテリアのもととなった犬の飼育者も
犬名も明らかである事は、とても稀なことです。

1870年頃、アメリカのボストンで、富裕層の人々に雇われていた馬車の
御者たちが、雇い主たちが飼っていた優秀な犬同士を交配させました。

その中で、イングリッシュ・テリアとブルドッグを掛け合わせて誕生したのが
ホッパーズ・ジャッジ」と呼ばれた犬で、約13キロも体重がありました。

このジャッジをメス犬「ジップ」と交配させて生まれたのが
ウェルズズ・イーフ」と言う名のオス犬。

その後、「ウェルズズ・イーフ」を「ケイト」と呼ばれる小型のメス犬と
掛け合わせ、「トム」という、ボストンテリアの基礎となったオス犬が生まれました。

さらに、フレンチ・ブルドッグと掛け合わせて、
現在のボストンテリアの基礎が出来上がりました。

驚く事に、あらゆるボストンテリアは、この4頭に由来すると言われています。

当初は、今よりももっと大型で、闘犬目的で繁殖がなされていましたが、
時代とともに、闘犬人気がおとろえ始め、徐々に小型化に改良されていきます。

もともとの闘犬の気質が根強かった事から、この潜在的な闘争心を
排除するのに、ブリーダーは相当な苦労をしたといわれています。

苦労に苦労を重ね、小型化が進むに連れて、
性格が徐々に温厚になっていったようです。

その後、1889年までに、ボストンテリアは、この地、ボストンで大変な人気を集め、
愛好者の間で『アメリカン・ブルテリア・クラブ』という組合まで作られました。

しかし、”ブルテリア”の名を使用した事で、本当のブルテリア愛好者達から
多大な批判を受けることになります。

その事から、結局、発祥地の名前を取って、
ボストンテリア」と改名されることとなりました。

これほどまでに人気の犬種であったボストンテリアですが、あまりにも短い期間での、
それもごく近しい近親での交配だった事から、将来的な不安も拭いきれず、
アメリカケネルクラブ(AKC)も公認には非常に慎重になりました。

結局公認されたのは1893年の事でした。

20世紀前半には、その独特な模様と毛色、断耳された直立した耳で、
アメリカで急速に注目が集まるようになり、もっとも人気のある犬種にまで
登りつめ、今でもその人気は不動のものとなっています。

日本に輸入されたのは1930年頃の事で、すぐさま人気犬種の仲間入りを果たしましたが、
第二次世界大戦を境に、他の犬種の人気もあって、影を潜めるようになります。

しかし、現在はそのユニークかつ愛嬌のある容姿で、
ストレス社会の癒し的存在として、再び注目が集まっています。


ボストンテリアの特徴

ボストンテリアの子犬◎ボストンテリアのスタンダード

スタンダードとは、犬の純血性を守るため、
その犬の理想の形態や気質などを細かく定めたものです。

多くのブリーダーたちは、そのスタンダードに記載された
ボストンテリアを目指して、日々努力を重ねています。

またドッグショーで活躍する犬達も、
どれだけスタンダードに近いのかを競い合い、
一定の結果を出した犬がCH(チャンピオン犬)として認められます。

ここでは、JKC(ジャパンケネルクラブ)が定めるスタンダードか
らボストンテリアの大きな特徴の部分を、わかりやすく簡単に
まとめてみたいと思います。

1、 一般外見

短い頭部、コンパクトな体格、尾の短い、バランスのよい犬です。
頭部は犬のサイズと釣り合いがとれていて、とても賢く、表情にも表れています。

2、ボディ

背はやや短く、接合部はしっかりしていて、四肢は力強く角度があります。
尾は短く、特徴が目立つため、全体のバランスがとても良いのが特徴です。

ボストンテリアは、体重によって3段階のクラスに分けられます。

・ライト:15ポンド(6.8kg未満)
・ミドル:15~20ポンド(6.8kg以上9kg以下)
・ヘビー:20~25ポンド(9kg以上~11kg以下

・体高:38~43cm

3、毛色・毛質

スムースコート(滑らかで光沢のある短毛)で、毛色は、ブリンドル&ホワイト、
シール・ブリンドル&ホワイト、ブラック・ブリンドル&ホワイト、
マホガニー・ブリンドル&ホワイトなど、ブリンドルが基本色としています。

いろいろ見てきましたが、スタンダードからはずれている場合でも、
それはその子の個性であるといえますので、愛情をたくさん注いで育ててあげてくださいね。

ペットとして愛情を注いで飼う分には、スタンダードなんて関係ないですからね(*^o^*)


あなたにぴったりの子犬を検索